バトルファック関係以外で目に留まったエロネタを別blogにまとめてます。>管理人の雑記帳

イラスト 敗北

水泳部 by raikoh(島津鉄甲) on pixiv

悩ましくケツを振りながら挑発されて、言われるがままに競水パンツを脱いで、欲望に負けてプライド捨てた様をクスクス笑われながら尻の割れ目にペニスを押しつけ、射精。エッロい競泳水着、カラダに興奮して鼻息荒く白濁をブチ撒ける男子部員と、男子部員を悩殺して、イカせて、余裕でイタズラっぽく優越感に浸る女子部員との、この対比。くぅ。

イラスト 敗北

水泳部のクラスメイトに競水フェチがばれた結果 by raikoh(島津鉄甲) on pixiv

水泳部のクラスメイトにこんなイタズラされて、水着に思い切りナカダシさせられたい…一生頭が上がらなくなりそう。くぅ。

イラスト 敗北

東館第十八号貸倉庫

淫魔を前に、人の子が無駄な抵抗をするのが好きです。
堕ちる寸前の、理性崩壊ぎりぎりの状態で嬲るのが好きです。
いつでも一気に仕留められるところを、敢えてじっくりと、
真綿で閉める様に一枚ずつ心の鎧を剥がして剥き出しにして
首根っこ押さえつけて「快楽を求める自分」を直視させるのが好きです。
それでも諦めない諦めの悪い人間が好きです。

…案外人間好きのサキュバスですが、心折れて懇願を口にした瞬間に人間からエサに格下げ。

イラスト 敗北

東館第十八号貸倉庫

普段はぼーっとしてるお姉さんに、一方的に、イっても精液が出なくなるまでイかされ続けて、おもちゃを弄るように上から目線の言葉を投げかけられる…。空砲になっても勃起が止まらなそう。

イラスト 敗北

ペニバン格闘 by シダ on pixiv

格闘でボコられ、アナルをペニバンで犯されながら射精させられて…次のラウンドもまた一方的に。相手の男は、雄々しくソソり勃つペニバンで犯されるのを想像してガッチガチに勃起しつづけていそうです。くぅ。

イラスト 敗北

詳細不明

現代に暗躍するくノ一たち…そんな雰囲気の1枚。ターゲットの家屋に侵入してあれこれ物色しているところを見つかってしまうくノ一。しかし、発見されても慌てず、エロコスを見せつけながら、巧みな話術と、こっそり焚き始めた香で男の思考力を奪い、寝技に持ち込んでいく。ぴっちりハイレグレオタードごしに自慢の胸とくびれを見せつけ、大胆に股間を開いて勃起ペニスの根元に圧し掛かる。腰をくねらせ、ペニスを左右に振りまわしながら裏筋を上下すると、鈴口から漏れ出るカウパーがイヤらしく糸引く…くぅ。
このまま素股でイかせてほしい、挿入したい、太ももで挟んで…、パイズリで…フェラで…手コキで…男の頭の中が性の欲望に染まっていきます。カラッカラになるまで搾り取られそう。

イラスト 敗北

てんちょ by haitukun on pixiv

白藤杏子に搾り取られる男。1発目、ゴムあり正常位セックスで好きに犯すはずが瞬殺されて、鍛えてやるとオナホ装着騎乗位素股で責められる…寸止めされまくって、カウパーだけでこの有様。これから、どれだけ焦らされ、何回イかされるのか想像すると、勃起がとまりません。

イラスト 敗北

イエーイ!ファックユー! by ブッチャーU on pixiv

一方的にボコられ敗北する男格闘家。その後、リングの上で、自慢の巨根から何度も搾り取られてセックスでもKO負け……くぅ。男を見下し、舌なめずりする表情がたまらないです。

イラスト 敗北

オカズにはなってあげるけど… by りた太 on pixiv

自分の身体が如何に男を興奮させるか熟知して、強気に男子に迫る女子。格闘技も嗜み、「触ったら殴るわよ」と脅し、挑発されてギンギンに勃起してカウパーを滲ませるペニスを一瞥して、オカズになってあげるからオナニーしなさいよと追い詰めていく。やらなければ、もう裸も見せてあげないわよと言われて、目の前のエロすぎる光景に屈してオナニーし、女子の見ている前で精液をブチ撒ける。
男子に一切触れることなく、巧みな挑発と言葉責めでイかせる強気女子。たまりません。

イラスト 敗北

騎乗位で競泳水着尻コキ by _太子 on pixiv

競泳水着の強烈なピッタリエロに興奮しきったところで、水着の生地と白肌の間に挟まれて勃起を蹂躙される。生地の強い刺激と、カウパーですべりのよくなった白肌の甘い刺激に身もだえして、わけがわからないままあっという間に激射精! 全身を硬直させて背中を仰け反らせてビュービュー放精。水着と尻の間から白濁があふれ出る。。完全にイききって、獣のように咆哮して余韻に酔いしれている最中、艶かしい腰の動きが再開される。1発で許してもらえるはずもなく、萎える間を与えられずに、次の絶頂へと突き上げられていく…余裕で笑いながら行為を続ける彼女に完敗。このまま調教されてしまいそう。