バトルファック関係以外で目に留まったエロネタを別blogにまとめてます。>管理人の雑記帳

悪魔がぼくを

マンガ 敗北じゃが山たらヲ

女子生徒会長に想いを寄せる生徒会役員の主人公が、後輩の都城に恥ずかしい写真を撮られ、「1か月間、私のいじわるにおちんちんが一回でも耐えきれたら、あのデータ消してあげますよ」とゲームを仕掛けられる。女性上位で煽られ、毎回、耐えきれずに射精、敗北を重ねる主人公。

サマリー

手を拘束されて、顔面騎乗されて、パンスト足コキで責めらえれる主人公。小馬鹿にするような言葉責めで射精寸前。

「ほら♡ ほらっ♡」「ビルルッ!!」イケと命じるかのような言葉がトドメとなり、盛大に射精してしまう。もし顔騎されていなければ、自分の顔にまでブチ撒けてしまいそうな勢い。なまめかしい身体のラインを彩るストッキングや制服スカートに飛び散った精液…むちゃくちゃエロい。さらに「ほーんと 情けないですね♡」なんて追い打ちをかけられて…射精しても勃起が収まりません。

「センパイ、汗の匂いとかお好きですよね」体操服姿で主人公を挑発する都城。「私、疲れちゃったので…今日はセンパイが私を苛めていいですよ。私のおっぱいいじめて勃たなかったらセンパイの勝ちでいいです。」そういうとノーブラの体操服をたくし上げる。「(チャンスだ! 胸を弄るだけなら…)」そう思い、都城を責める主人公ですが…汗の匂い、都城のかわいらしい感じ方、押し殺す喘ぎ声に自分でも気がつかないうちに…
「センパイ…♡ これ アウトです」 都城の足が、主人公の勃起した股間に押し当てられる。「今日も残念でしたねセンパイ」薄ら笑いながら嘲る声を聴きながら、主人公はズボンの中に思い切り射精してしまう。 「うわぁ… もしかして今のだけで 射精したんですか…?」くぅぅ!!

そして約束の1か月最終日…。今日だけは絶対に負けるわけにはいかないと意気込む主人公ですが…ドエロいコスに挑発されて、中腰姿勢を強要され、後ろからアナルを責められ、手コキで射精へと追い立てられる主人公。
ぢゃっ! ぢゃっ! 根元をきつくつかまれ、強めにつくられた手指のリングで亀頭のくびれと竿を捩じられシゴかれ、凶悪な淫音を立てる主人公のペニス。「今日は頑張りますね。センパイ。いつもだったらもう出してるのに 変な声出して必死に我慢して…バカみたい」と言いながら尿道口から滲んだ我慢汁を弄ぶ。「じゃあ私も頑張りますね」とイカせモードに入ったと思いきや…
寸止めでフェラをやめてしまいます。「私の負けですね」「ここまでしてだめならもうセンパイの勝ちですね。あの写真のデータは全部消します。もうセンパイは自由です。続きは会長とできるといいですね。応援してます。」
そういいながら、主人公に背を向け、さっさと制服を着はじめる都城。主人公は…

逆上した主人公は、都城を壁ドン。挿入して射精したくでたまらない興奮しきった主人公に「会長のこと好きだったんじゃないんですか?」と問う都城。主人公は「うるさいッ!」と逆上しフル勃起したペニスを都城に突き立てる。脳髄に火花を散らす都城。さて、主人公は小悪魔都城を制することができるのか?

総評

大人しくて目立たない子と思っていた後輩女子は、実は男を虜にするとんでもない小悪魔スキルの持ち主でした。その小悪魔に、1か月のエロゲームで身も心も奪われてしまう主人公クン。26ページ構成で2/3くらいのページが抜きどころではないかという、とんでもないクオリディであります。後輩女子に寝取られたい願望のある諸兄はぜひ。

作品情報
タイトル 悪魔がぼくを
掲載誌 COMIC 高 2018年8月号(Vol.27)
出版社 茜新社
発売日 2018年07月30日
著者 じゃが山たらヲ
配信元 DLsite FANZA